有名なエクササイズを試して小顔に近づく

女性

運動や体操を試す

化粧品

憧れのままで終わらせない

小顔への道を切り開く為には、とにかく表情筋を鍛える事が第一だと言えるでしょう。加齢のせいだと諦めず、定期的にエスササイズを行っていくべきです。

筋肉が関係している事実

身体のエクササイズやヨガを体験した事がある人は多いですが、顔の筋肉を鍛えた事がある人は少ないのではないでしょうか。そもそも小顔と筋肉が関係しているという事実を知っている人も多くないはずです。

短時間でも効果的

ネット上には、小顔になる為の様々な運動や体操が紹介されています。短時間で出来るエクササイズばかりなので、面倒くさがらずに試してみましょう。少しずつ効果が現われるはずです。

効果的なエクササイズをご紹介

no.1

大人気の運動を試そう

テレビや雑誌で頻繁に取り上げられるようになったのが、舌回し運動です。口を閉じて舌をクルクルと回すだけで大丈夫です。右に20回、左に20回すれば口まわりが均等に鍛えられるでしょう。とくに道具が必要なわけでもありませんし、マスクをすれば外出先でも行えると好評です。

no.2

二重アゴを改善させる

脂肪やたるみが引き金となり、二重アゴが生まれます。アゴの筋肉を鍛えれば小顔に一歩前進するのではないでしょうか。目線は天井に向け、首が伸びている状態を確認したら舌を出して10秒ほどキープします。これを一日に最低でも3回行いましょう。

no.3

一つずつハッキリと発音

ポリバケツ体操と呼ばれるエクササイズが人気です。ポ、リ、バ、ケ、ツと口を大きく開けて発音していくだけなので簡単です。発音する際の口の形が、表情筋を鍛えるのに最も良いとされるているのです。

no.4

頬を鍛えて印象アップ

顔の面積で言うと、頬が大きく占めています。頬の筋力をアップさせれば顔の印象も大きく変わるかもしれません。まずは頬を大きく膨らませて、空気を右に移動させたり左に移動させたりします。最後は空気を吸い込み、頬をヘコませて完了です。

no.5

凝り固まる前に対処

セルフマッサージでも十分な効果があります。定期的にほぐしてあげないと、筋肉は凝り固まってしまいます。ほうれい線を伸ばすイメージで、口角から耳の下まで指を滑らせましょう。耳の下からは鎖骨に向けて流すようにします。こうしたセルフマッサージや発音しながら行う体操は、一人で行うようにすれば周りに迷惑をかけずに済むでしょう。