小顔になる為に改善していきたい悪い行い

女性

筋力の低下を避ける

女性

どんどん使っていこう

顔の筋肉と一口に言っても、その種類は約30種類あります。人は笑ったり泣いたりして表情をコロコロと変えますが、その時に表情筋を使っています。日本人は感情をあまり表に出さない特徴があるので、小顔になりにくいという特徴があるでしょう。使用している表情筋は30%未満だと言われています。

表情豊かな日々を送る

いつも無表情な人は、表情筋もどんどん衰えていくでしょう。それがたるみへと繋がり、輪郭をボヤけさせ、顔を大きく見せているのです。普段から表情豊かな毎日を送っていれば、エクササイズをしているのと同様の効果が得られるのではないでしょうか。

感情を表に出す

目元や口元に笑いジワが出来るのを恐れて、豪快に笑う事を避ける女性は多いです。シワが出来なくても、たるみが出来てしまったら意味がありません。笑顔や泣き顔、怒り顔などは積極的に出していきましょう。

改善すべき悪い行いはコレだ!

no.1

OLさんに迫る危機

デスクワークをしているなら要注意です。姿勢の悪さはたるみと直結していると言っても過言ではないでしょう。パソコンやスマホを見る際に俯くと、顔の皮膚も垂れ下がります。それが続くとクセになり、小顔になれない他ほうれい線なども出来てしまう恐れがあるのです。

no.2

血の巡りを良くする

運動量の少なさと湯船につからない生活は、小顔になりたいなら絶対的に避けるべきです。この二つが原因となり、血流は悪くなります。老廃物を溜め込みやすい体質になってしまうので、しっかりと温めて血行を良くしていきましょう。

no.3

口まわりから鍛えよう

食事や会話の際に意識する事で、咀嚼筋や舌骨筋が鍛えられるでしょう。あまり噛まずに食べたり、口を動かさずに喋っている人は多いです。最低でも30回以上は噛んでから飲み込むようにしたり、ハキハキと元気よく話したりするだけでも変化を感じるはずです。

no.4

自然と表情を作る

普段、鏡を見る機会がない人は多いようです。様々な角度で顔を見ていると、どこから見られても大丈夫なように自然と表情を作るようになります。筋力が低下してしまう前に、鏡で表情のチェックを行うようにしましょう。

no.5

エラは小顔を遠ざける

エラは遺伝だと思われがちですが、強い噛みしめによって筋肉が鍛えられている可能性が高いです。とくに力を入れていないのにも関わらず、上と下の奥歯がピッタリとくっついているなら注意が必要です。